交通事故の体験談についてまとめたサイトです。きっとあなたの助けになるかも!

交通事故 -わたしの場合-

起きてはいけない交通事故。起こってしまったときにこそ頼れる弁護士を

交通事故の損害賠償には請求できるいくつかの項目がありますが、
中でも大きな割合を占めるのが慰謝料です。

慰謝料を算出するにも入院した日数、通院した日数、症状の重さ、
後遺症が残ればその分の慰謝料など、複雑な計算が必要です。

さらに、通院期間を短くされたり、必要な治療を認められないなどの
トラブルも発生します。

このような慰謝料問題を有利に認定させるためには、きちんとした根拠を
示すことが重要です。

法的にそこで弁護士を依頼して、法的に明確にすることが有効なのです。

交通事故に精通した弁護士なら状況に対して妥当な慰謝料がわかります。
また、適正な通院日数かどうか判断もできますし、その根拠も情報や経験から説明できます。

法律や過去の判例などを示して話し合いを進められるため、相手も不当に低い慰謝料を
突き通すことはできません。

弁護士なら正当な金額を求めて裁判を起こすこともできますので、
相手も無視することはできません。

慰謝料が妥当か相談するだけでも意味があります。

判断する