交通事故の体験談についてまとめたサイトです。きっとあなたの助けになるかも!

交通事故 -わたしの場合-

起きてはいけない交通事故。起こってしまったときにこそ頼れる弁護士を

代理人交通事故の様々な事後処理の中でも、比較的被害者の負担が
大きいのが示談交渉になります。

示談交渉の相手になるのは、当事者である加害者ではなく、
これまでに何度もの示談交渉を経験している加害者が加入
している保険会社のスタッフになります。

そのため、交通事故の示談交渉に被害者本人があたると
何の知識もない人がほとんどのため、不利な交渉に臨む
ことになってしまいます。

そのため、交通事故の示談交渉には弁護士を代理人になってもらい、
お任せするのが良い方法の一つです。

妥当な金額かどうか交通事故の示談交渉に詳しい弁護士であれば加害者側に立っている保険会社の
提示する示談金の金額に簡単に応じることなく被害者が負った損害に相応しい金額に
まで示談金の金額を引き上げて合意にまでこぎつけることができますし、弁護士が
示談交渉を行っている間に怪我が治って仕事に復帰する活動などに専念することができます。

事後処理には示談交渉以外にも警察に届出をしたり、書類を発行してもらったりと
忙しいので任せられるものは弁護士に任せるのも良い方法の一つです。