交通事故の体験談についてまとめたサイトです。きっとあなたの助けになるかも!

交通事故 -わたしの場合-

起きてはいけない交通事故。起こってしまったときにこそ頼れる弁護士を 会社に車で通勤している時に、交差点で信号待ちをしている時に
後ろから車に追突されてしまいました。

こちらとしては完全に停車をしていることころに追突した交通事故だったので、
相手に責任があると思っていましたが、相手方の男性が自分の責任を認めようと
しませんでした。

慰謝料などの話をしても全く支払う気がないと言っていました。
その時は話が平行線で進まないので、後日再度話し合いをすることになりました。

ただ、事故直後の話合いの感触から、相手側がかなり無理な交渉をしてきそうだな。
という予感がありました。

慰謝料私一人での交渉ではもしかしたら、不利な条件を押し切られるかもしれないとさえ思っていました。
そこで 交通事故トラブルに関して経験豊富な弁護士の先生を探して話し合いに
参加してもらうことにしました。

後日の再度の話し合いでは弁護士の先生が自己紹介をすると相手の態度が一変して
交通事故当日とは別人のように素直に自分の非を認めるようになりました。

交通事故の慰謝料の支払いについてもしぶしぶ合意してくれ、無事車の修理代や
病院での検査費用などをもらうことが出来ました。

話し合い

弁護士の先生には大分助けられたと感じています。

もし、私一人だったら、おそらく全然違う結末になったのではないでしょうか。
おそらくこのような結果は引き出せなかったと革新しています。

それほど交通事故の後処理は難しいものでした。
どちらに責任があるか。簡単に見えて実は難しい。

これが交通事故だと実感させられました。